1. TOP
  2. 大腸ポリープ

大腸ポリープ

 2016/04/08 病名
この記事は約 3 分で読めます。
大腸ポリープ

大腸ポリープ

【どんな病気?】

大腸ポリープは、大腸の内側の壁にできた、腫瘍(しゅよう)の総称です。大腸ポリープには、そのまま放置しておいても大丈夫な良性のものや、がんになるものなど、いくつかの種類があります。

腺腫性ポリープ:孤立性ポリープで通常20mmを越えるものは癌化しやすかったり、すでに一部が癌化している可能性があります。

非腺腫性ポリープ: 過形成性ポリープ、炎症性ポリープ、脂肪腫

【体の症状は?】

多くは無症状です。ポリープ自体が大きくなってくると便潜血検査で陽性率の高まりがみられます。上記のごとく大きくなってからでは癌化の危険性があり、症状がないうちに検査をすることが賢明です。

【検査】

以前は消化管造影(バリウム検査)で病変の存在を確認する施設が多くみられましたが、はじめからポリープが疑われる際には、確定診断には大腸内視鏡を行い、切除し組織検査をします。最近では大腸内視鏡での確認がポピュラーになりつつあります。

さらに詳しく→ 内視鏡検査って何をするの?

【治療・処置】

ポリープの直径が20mm以下であれば、内視鏡で取ることができます(内視鏡的ポリープ切除術)が、それ以上のものは、外科手術の適応になります。直径5mmを越すと、腺腫性であることが多く、ガン化の危険を秘めているため、治療をするのが一般的です。

大腸ポリープの状態によるグループ分けは以下の通りです。

Group分類 定義 主な対応病変
Group1 非腫瘍性で異型のない粘膜組織。 正常粘膜。過形成粘膜。
Group2 非腫瘍性で異型を示す病変。 炎症性あるいは再生性変化。 (軽度異型を示す過形成性ポリープ)。
Group3 腫瘍性で軽度から中等度異型を示す病変。 軽度~中等度異型の腺腫。
Group4 腫瘍性で高度異型を示す病変。 高度異型の腺腫。 きわめて分化のよい高分化腺癌が含まれうる。
Group5 明らかに癌と診断しうる異型を示す病変。 癌と断定。

<実物写真 大腸ポリープ>

※注意:ここから先は内視鏡による大腸ポリープの本物の写真です。内臓内部を撮影しているもののため、刺激的な画像が苦手な方はご遠慮ください。また食事中の方はお気を付けください。

ポリープ

大腸ポリープ

\ SNSでシェアしよう! /

専門医が教える体の情報サイトdscopeの注目記事を受け取ろう

大腸ポリープ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

専門医が教える体の情報サイトdscopeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ナオル

ナオル

こんにちは。日本を健康にすべく健康惑星からやってきたナオルです。

僕、こう見えて医者なんです。人間の体って面白い。特に、地球上生物の栄養摂取と排泄の仕組みは興味深い(僕たちは食べませんから)。そんなわけで、専門分野は消化器、肛門疾患です。今日も日本中から集めた論文や臨床に基づいた確かな情報をお届けします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 突発性食道破裂(とっぱつせいしょくどうはれつ)

  • 肛門がん

  • 側頭動脈炎(そくとうどうみゃくえん)

  • 副鼻腔炎(ふくびくうえん)