1. TOP
  2. 病名
  3. 急性胃炎

急性胃炎

 2016/03/16 病名
この記事は約 2 分で読めます。
急性胃炎

◆急性胃炎

【どんな病気?】

急激・突発的に起きる胃粘膜の病気です。
胃粘膜とは胃の内側の膜を指します。この膜に粘液が張られ強い酸性である胃酸から胃を守る働きがあります。この粘膜が、外的因子の刺激で部分的に壊れてしまい、胃を胃酸から守ることができなくなります。胃酸によって攻撃された粘膜は強い炎症を起こし、発赤、ただれが起きます。炎症がひどいときは胃から出血したりすることもあります。

急性胃炎の原因は、身体的・精神的ストレス、高濃度のアルコール摂取のほか、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染や非ステロイド性抗炎症薬、アスピリンの内服、アニサキス症、酸やアルカリなどの腐敗性物質の摂取などさまざまです。

さらに詳しく→よくわかるピロリ菌

【体の症状は?】

急性胃炎は、発症とともに突発的に見られます。心窩部痛(みぞおちの痛み)、胸焼け、不快感が多く見られます。悪心、嘔吐などの症状を併発することもあります。粘膜からの出血により、吐血、下血もみられます。

【検査】

診断をするには、内視鏡による胃粘膜の観察が最も効果的です。

上部内視鏡検査(胃カメラ):急性期では粘膜の発赤、浮腫、びらん(粘膜のただれ)、出血が認められます。

さらに詳しく→内視鏡検査って何をするの?

急性胃炎

【治療・処置】

症状がある場合には、それに応じて治療をします。また原因がストレス、暴飲暴食(特にアルコール多飲)、薬剤性にある場合は、原因の除去が必要です。

刺激性物の摂取中止アルコール、タバコ、カフェイン、香辛料など

使用薬剤の中止・変更非ステロイド性抗炎症薬、アスピリンなど

原因を除去したうえで、薬物療法を行います。

薬物療法

攻撃因子(胃酸)・・・抑制薬:プロトンポンプインヒビター(PPI)、H2ブロッカー(H2RA

防御因子(胃粘膜)・・・増強薬

\ SNSでシェアしよう! /

専門医が教える体の情報サイトdscopeの注目記事を受け取ろう

急性胃炎

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

専門医が教える体の情報サイトdscopeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ナオル

ナオル

こんにちは。日本を健康にすべく健康惑星からやってきたナオルです。


僕、こう見えて医者なんです。人間の体って面白い。特に、地球上生物の栄養摂取と排泄の仕組みは興味深い(僕たちは食べませんから)。そんなわけで、専門分野は消化器、肛門疾患です。今日も日本中から集めた論文や臨床に基づいた確かな情報をお届けします。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 突発性食道破裂(とっぱつせいしょくどうはれつ)

  • 肛門がん

  • 側頭動脈炎(そくとうどうみゃくえん)

  • 副鼻腔炎(ふくびくうえん)