1. TOP
  2. 内視鏡検査
  3. 腹直筋鞘血腫(ふくちょくきんしょうけっしゅ)

腹直筋鞘血腫(ふくちょくきんしょうけっしゅ)

 2016/05/28 内視鏡検査 治療 病名
この記事は約 2 分で読めます。
お腹が変だ

【どんな病気?】

腹直筋鞘血腫はお腹の壁(腹壁)にできた血の塊(血腫)のことです。

腹壁の血管(上・下腹壁動静脈)が破綻してでき、腹直筋の鞘に血腫ができてしまいます。発症すると強い腹痛をおこすため、以前は虫垂炎や卵巣嚢腫茎捻転など間違われて、手術をされてしまうこともありました。原因は明らかなものがない(特発性)ものもありますが、外傷、くしゃみ、持続する咳嗽によるものや、抗凝固療法、運動などさまざまなものがあります。非常にまれな病気です。

【体の症状は?】

強い腹痛を引き起こします。出血が広がればCullen徴候(臍部の皮膚着色)やGrey Turner徴候(側腹部の皮膚着色)など皮膚の変化を引き起こします。

【検査】

腹部CT検査、超音波検査

腹部超音波検査は特徴なものはありませんが、腹部CT検査では腹直筋内の造影効果の乏しい高吸収腫瘤、隣接する腹壁の腫大が認められます。

【治療・処置】

治療は多くの場合、安静にし保存的に様子を観察します。血圧など大きな変化がなければ、そのまま、血腫が吸収されるのを待ちます。大量出血のため血圧などが大きく変化する場合には点滴から凝固因子の補充や輸血、血管内治療や外科的手術が必要になることもあります。

\ SNSでシェアしよう! /

専門医が教える体の情報サイトdscopeの注目記事を受け取ろう

お腹が変だ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

専門医が教える体の情報サイトdscopeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ナオル

ナオル

こんにちは。日本を健康にすべく健康惑星からやってきたナオルです。


僕、こう見えて医者なんです。人間の体って面白い。特に、地球上生物の栄養摂取と排泄の仕組みは興味深い(僕たちは食べませんから)。そんなわけで、専門分野は消化器、肛門疾患です。今日も日本中から集めた論文や臨床に基づいた確かな情報をお届けします。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 突発性食道破裂(とっぱつせいしょくどうはれつ)

  • 肛門がん

  • 側頭動脈炎(そくとうどうみゃくえん)

  • 副鼻腔炎(ふくびくうえん)