1. TOP
  2. カンジダ性食道炎

カンジダ性食道炎

 2017/04/25 治療 病名 症状
この記事は約 2 分で読めます。
カンジダ性食道炎

◆カンジダ性食道炎

【どんな病気?】

食道にカンジダと呼ばれるカビが生え、炎症を起こす疾患です。高齢の方や免疫力が弱い状態の人がかかります。免疫力の弱い状態は、糖尿病、術後、強い抗がん剤治療を受けている、ステロイド剤を飲んでいるなどがあげられます。

【体の症状は?】

胸の奥に焼けた感じや、喉のつかえ感があります。

【検査】

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)による検査になります。この病気の場合、食道にボツボツ生えている白いカビが確認されます。一部採取し、顕微鏡検査や培養検査にて確定診断が得られます。

さらに詳しく→内視鏡検査って何をするの?

【治療・処置】

薬の内服による治療になります。カビに効く抗生物質の内服です。

 

\ SNSでシェアしよう! /

専門医が教える体の情報サイトdscopeの注目記事を受け取ろう

カンジダ性食道炎

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

専門医が教える体の情報サイトdscopeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Dr.terada

Dr.terada

この人が書いた記事  記事一覧

  • 肛門周囲腫瘍・痔ろう

  • ソケイヘルニア(脱腸)・大腿(だいたい)ヘルニア

  • 臍ヘルニア(大人と小児別)

  • 良性食道腫瘍(りょうせいしょくどうしゅよう)