1. TOP
  2. 臍ヘルニア(大人と小児別)

臍ヘルニア(大人と小児別)

治療 病名 症状
この記事は約 2 分で読めます。
臍ヘルニア

どんな病気?

へその部分は本来陥凹(かんおう:くぼみ・へこみ)すべき部分ですが、陥凹しないで、逆に突出している状態を臍突出症と呼びます。俗に言う「でべそ」です。「でべそ」は以下の2つに分けられ、そのうちの2番が臍ヘルニアです。

臍帯が腹腔内から体外に出る部分は臍輪と呼ばれています。臍輪は、硬い線維からなり、臍帯の周囲をしっかりと輪状にとりまいています。それによって腹腔内容(胃や腸)が体外に飛び出ないように維持しています。 先天性(生まれつき)の場合、ほとんど小児期に正常の陥凹したヘソに戻ります。しかし、臍輪は薄く脆弱であるため、成人後、妊娠や肥満が原因で腹腔内圧が上昇すると、臍ヘルニアを生ずることがあります。臍ヘルニアは腹腔内圧上昇の原因がなくなっても、改善せず、ヘルニアが残存する場合があります。

1、単純に皮膚だけが飛び出しているもの(臍突出症)

臍輪が閉じ、瘢痕組織だけで皮膚が押し上げられ、臍突出しているもの。一般的な「でべそ」。

臍ヘルニア

2、ヘルニアを伴うもの

臍輪が開いており、腹腔の内容物が皮膚、腹膜に包まれた形で脱出しているものが「臍ヘルニア」と呼ばれています。

臍ヘルニア

体の症状は?

臍の部分が突出しています。また痛みがある場合があります。以下に当てはまるものがある場合、臍ヘルニアの可能性があります。

妊娠してから でべそになった/痛みがある /肥満体型である/ソケイヘルニアになったことがある

検査

基本的には、臍部を診察して診断します。ヘルニアが大きい場合、内容物を確認するために、CT検査や超音波検査をすることもあります。

治療・処置

臍ヘルニアの診断は専門医の診断がお勧めです。

赤ちゃんの臍ヘルニアは1歳でほぼ自然治癒します。しかし、1歳を過ぎても、治癒が見られない場合、病院で診察を受けることをお勧めします。手術の必要がある可能性があります。

大人の臍ヘルニアの場合、基本的に自然治癒はしないため、外科手術になります。「臍ヘルニアを伴うでべそ」の手術は保険適応可能です。

\ SNSでシェアしよう! /

専門医が教える体の情報サイトdscopeの注目記事を受け取ろう

臍ヘルニア

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

専門医が教える体の情報サイトdscopeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Dr.terada

Dr.terada

この人が書いた記事  記事一覧

  • 肛門周囲腫瘍・痔ろう

  • ソケイヘルニア(脱腸)・大腿(だいたい)ヘルニア

  • 臍ヘルニア(大人と小児別)

  • 良性食道腫瘍(りょうせいしょくどうしゅよう)