1. TOP
  2. 治療
  3. 胆石症(たんせきしょう)

胆石症(たんせきしょう)

 2016/06/18 治療 病名 症状
この記事は約 2 分で読めます。
胆石症(たんせきしょう)

【どんな病気?】

胆石症は胆汁に通り道である胆道に形成された結石のことです。できた場所により胆嚢結石、総胆管結石、肝内(胆管)結石に分けられます。そこの中で胆嚢結石が一番多く認められます。中年以降、加齢とともに胆石の発生が多くなるため、胆石症の人は中高齢者に認められることが多い疾患です。

【体の症状は?】

多くに場合は無症状ですが、食後や、夜間に突発する右側の上腹部が痛み(右季肋部痛)、心窩部の痛みがあることもあります。痛みは右肩や背部へ放散し、数十分間続くこともあります。

【検査】

血液検査

:胆汁の流れが阻害されている場合は、胆道系酵素の上昇を認めます。

腹部CT検査

:胆嚢結石の場合は胆嚢内に、総胆管結石では総胆管内、肝内結石では肝内胆管内に白い結石を認めます。

<胆嚢結石>

胆嚢結石

腹部超音波検査

:結石のためにエコーが届かない部分が影のように見える特徴的な像(音響陰影(アコースティックシャドー))を伴う高エコー像を認めます。

胆石2

胆管造影検査

:総胆管結石で、胆管造影を行うと、結石に相当する部分に造影剤の抜ける像を認めます。

<総胆管結石>

総胆管結石

【治療・処置】

治療方針は胆嚢結石、総胆管結石、肝内結石で異なります。

<胆嚢結石>

無症状の場合

:基本的に経過観察です

有症状の場合

:手術適応になります。手術方法には腹腔鏡下胆嚢摘出術、開腹胆嚢摘出術があります。

<総胆管結石>

内視鏡を使った治療(内視鏡的治療)が行われます。胆管の十二指腸への出口に筋肉を切開、またはバルーンで拡張して結石を摘出します。(内視鏡的乳頭括約筋切開術、内視鏡的乳頭バルーン拡張術)

<肝内結石>

肝内結石は癌の合併が高いので、肝臓の部分切除を行います。

\ SNSでシェアしよう! /

専門医が教える体の情報サイトdscopeの注目記事を受け取ろう

胆石症(たんせきしょう)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

専門医が教える体の情報サイトdscopeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ナオル

ナオル

こんにちは。日本を健康にすべく健康惑星からやってきたナオルです。


僕、こう見えて医者なんです。人間の体って面白い。特に、地球上生物の栄養摂取と排泄の仕組みは興味深い(僕たちは食べませんから)。そんなわけで、専門分野は消化器、肛門疾患です。今日も日本中から集めた論文や臨床に基づいた確かな情報をお届けします。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 突発性食道破裂(とっぱつせいしょくどうはれつ)

  • 肛門がん

  • 側頭動脈炎(そくとうどうみゃくえん)

  • 副鼻腔炎(ふくびくうえん)