1. TOP
  2. 治療
  3. 急性膵炎(きゅうせいすいえん)

急性膵炎(きゅうせいすいえん)

 2016/11/12 治療 病名 症状
この記事は約 2 分で読めます。
急性膵炎

【どんな病気?】

膵臓(すいぞう)は、肉を溶かすほど強力な消化液である膵液(膵酵素)を分泌しています。

急性膵炎とは、アルコールや胆石により膵臓内で膵酵素が活性化され、膵臓や周囲の臓器を消化しているものです。大酒家の中高年男性、女性であれば胆石を持った人に多く認められる疾患です。軽いものから重症なものまであり、重症なものでは、緊急の治療が必要になることがあり命の危険もある疾患です。

【体の症状は?】

持続的な上腹部痛、背部痛、発熱、悪心、嘔吐、食欲不振などを認めます。

【検査】

血液検査

膵酵素(アミラーゼ、リパーゼ)の上昇を認めます。

超音波検査

膵臓の腫大を認めます。炎症の影響で膵臓の輪郭がぼやけて見えます。周囲に液体(腹水)の貯留を認めることもあります。

急性膵炎

腹部CT検査

超音波検査と同様に輪郭の不鮮明な膵腫大を認め、周囲に腹水を認めることもあります。造影CTでは、造影されない腫大した膵臓を黒い塊として認めます。

急性膵炎

【治療・処置】

胆石が急性膵炎の原因であった場合は胆石に対して内視鏡的治療を行います。
急性膵炎での治療の原則は十分な輸液と全身状態の管理です。輸液、鎮痛薬、抗菌薬、蛋白分解酵素阻害薬などを使用します。重症例では、透析治療や膵臓に行く動脈内に薬剤を投与する治療を行うこともあります。

\ SNSでシェアしよう! /

専門医が教える体の情報サイトdscopeの注目記事を受け取ろう

急性膵炎

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

専門医が教える体の情報サイトdscopeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ナオル

ナオル

こんにちは。日本を健康にすべく健康惑星からやってきたナオルです。


僕、こう見えて医者なんです。人間の体って面白い。特に、地球上生物の栄養摂取と排泄の仕組みは興味深い(僕たちは食べませんから)。そんなわけで、専門分野は消化器、肛門疾患です。今日も日本中から集めた論文や臨床に基づいた確かな情報をお届けします。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 突発性食道破裂(とっぱつせいしょくどうはれつ)

  • 肛門がん

  • 側頭動脈炎(そくとうどうみゃくえん)

  • 副鼻腔炎(ふくびくうえん)