1. TOP
  2. 慢性膵炎(まんせいすいえん)

慢性膵炎(まんせいすいえん)

治療 病名 症状
この記事は約 2 分で読めます。
慢性膵炎

【どんな病気?】

アルコールや胆石が原因で長い年月をかけ、進行性にすすむ膵臓(すいぞう)の病気です。腹痛などを繰り返し、徐々に膵臓の機能が低下していきます。根本的に治すことは難しい難治性の病気の1つです。長期にアルコールを大量に飲んだことのある中高年の男性に多く認められます。急性膵炎に比べ、腹痛などの症状は軽いものの、繰り返し長期にわたります。

【体の症状は?】

繰り返す上腹部痛、背部痛、腹部圧痛などがあります。膵臓の外分泌機能が低下すると、消化吸収障害となり、下痢、脂肪便、体重減少がみられます。また、膵臓の内分泌機能が低下すると糖尿病を認め、口渇、多飲を認めます。

【検査】

腹部レントゲン検査

膵臓の位置に一致して石灰化陰影を認めます。

慢性膵炎

腹部CT検査

膵臓の萎縮、膵石(石灰化)を認めます。

慢性膵炎

【治療・処置】

アルコールが原因のことが多いので、禁酒を行います。その他、禁煙、低脂肪食などの生活指導を行います。慢性膵炎の状況により、急性期であれば急性膵炎と同じ治療を行い、痛みがあれば鎮痛薬などを、膵臓の機能不全がある場合には薬物療法で機能を補う治療(消化酵素薬、酸分泌抑制薬、ビタミン薬、インスリンなど)を行います。

\ SNSでシェアしよう! /

専門医が教える体の情報サイトdscopeの注目記事を受け取ろう

慢性膵炎

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

専門医が教える体の情報サイトdscopeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ナオル

ナオル

こんにちは。日本を健康にすべく健康惑星からやってきたナオルです。

僕、こう見えて医者なんです。人間の体って面白い。特に、地球上生物の栄養摂取と排泄の仕組みは興味深い(僕たちは食べませんから)。そんなわけで、専門分野は消化器、肛門疾患です。今日も日本中から集めた論文や臨床に基づいた確かな情報をお届けします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【閲覧注意】目で見る下肢静脈瘤・・・医療の進歩ってすごい!最新治療事例はこちら

  • できてしまった下肢静脈瘤、3種類の治療を徹底比較!

  • 【閲覧注意】目で見る大腸がん

  • 腎膿瘍(じんのうよう)