1. TOP
  2. 膵臓がん(すいぞうがん)

膵臓がん(すいぞうがん)

 2016/11/12 治療 病名 症状
この記事は約 2 分で読めます。
膵臓がん

【どんな病気?】

膵臓は胃の後面にある臓器で、消化液である膵液を分泌したり、インスリンなどのホルモンを分泌しています。膵臓がんとは、その膵臓にできた悪性腫瘍のことです。

症状がなかなか出現しにくいので、早期発見が困難ながんです。また、症状が出現した時にはすでに進行がんであることが多いため、生命予後は極めて悪いものです。喫煙、アルコール、糖尿病、肥満、膵がんの家族歴、膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)などが発がんの高危険群として挙げられます。

膵臓がんは、高齢の男性に多くみられます。年間約2500 人が膵臓がんで死亡しています。がんが膵臓のどの位置にできるかにより、膵頭部がん、膵体部がん、膵尾部がんに分けられます。そのうち膵頭部がんが2/3と最多です。

【体の症状は?】

症状は出現しにくく、早期がんでは無症状であることがほとんどです。進行がんになると、腹痛、腰背部痛、食欲不振、黄疸などを認めます。

【検査】

超音波検査

低エコーの腫瘤、末梢の膵管が拡張する像がみられます。

膵臓がん

腹部CT検査

膵臓と連続する低吸引値の腫瘤、末梢膵管の拡張がみられます。

膵臓がん

膵臓がん

膵臓がん

膵臓がん

内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査

膵管の狭窄像、閉塞像を認めます。

膵臓がん

膵臓がん

【治療・処置】

切除可能であれば外科的手術を行い、術後に補助化学療法を行います。

手術は、がんのある場所により膵頭十二指腸切除術、幽門輪温存膵頭十二指腸切除術、膵体尾部切除術、膵全摘術が選択され行われます。

切除不能であった場合は、化学放射線療法、化学療法、または症状改善のみを目的とした治療を行います。

\ SNSでシェアしよう! /

専門医が教える体の情報サイトdscopeの注目記事を受け取ろう

膵臓がん

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

専門医が教える体の情報サイトdscopeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ナオル

ナオル

こんにちは。日本を健康にすべく健康惑星からやってきたナオルです。

僕、こう見えて医者なんです。人間の体って面白い。特に、地球上生物の栄養摂取と排泄の仕組みは興味深い(僕たちは食べませんから)。そんなわけで、専門分野は消化器、肛門疾患です。今日も日本中から集めた論文や臨床に基づいた確かな情報をお届けします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 突発性食道破裂(とっぱつせいしょくどうはれつ)

  • 肛門がん

  • 側頭動脈炎(そくとうどうみゃくえん)

  • 副鼻腔炎(ふくびくうえん)