1. TOP
  2. 劇症肝炎(げきしょうかんえん)

劇症肝炎(げきしょうかんえん)

 2016/11/04 治療 病名 症状
この記事は約 2 分で読めます。
劇症肝炎

【どんな病気?】

劇症肝炎とは、急性肝障害を起こす肝臓の病気の一つです。

急性肝炎の患者さんの0.5~1%程度に生じていて年間500人程度の患者さんがいます。劇症肝炎は肝炎の中でも重症なもので、急性肝障害に意識障害と肝不全を伴います。

予後は非常に不良で、命の危険となる致命率は70~80%にもなります。劇症肝炎の原因で最も多いものはウイルス性肝炎です。急性ウイルス性肝炎の1%くらいが劇症化します。ウイルス性肝炎の中でも、急性B型肝炎が最も劇症化率が高いです。その他、薬剤性、自己免疫性肝障害などが原因で劇症肝炎になる場合もあります。薬剤性では鎮痛薬、抗菌薬などによるものが多くなっています。

【体の症状は?】

全身症状と神経症状を認めます。全身症状としては、発熱、全身倦怠感、食欲不振、悪心、嘔吐、肝性口臭、黄疸、頻脈、腹痛などがみられます。神経症状は意識障害や、鳥が羽ばたいているように手が振戦すること(羽ばたき振戦)を認めます。

【検査】

血液検査

ビリルビンの著明な上昇、アルブミンの低下、アンモニア上昇、凝固系の異常所見などの肝機能障害を認めます。

腹部超音波検査

萎縮した肝臓と、その周辺に著明な腹水を認めます。

劇症肝炎

【治療・処置】

非常に致死率が高いため、治療は数週間のあいだ患者さんの生命を守ることに全力を尽くします。全身症状のコントロール、肝再生促進、合併症の防止対策が大切になります。その上で、血漿交換療法や肝移植、そのほか補助療法が行われます。

\ SNSでシェアしよう! /

専門医が教える体の情報サイトdscopeの注目記事を受け取ろう

劇症肝炎

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

専門医が教える体の情報サイトdscopeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ナオル

ナオル

こんにちは。日本を健康にすべく健康惑星からやってきたナオルです。

僕、こう見えて医者なんです。人間の体って面白い。特に、地球上生物の栄養摂取と排泄の仕組みは興味深い(僕たちは食べませんから)。そんなわけで、専門分野は消化器、肛門疾患です。今日も日本中から集めた論文や臨床に基づいた確かな情報をお届けします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 突発性食道破裂(とっぱつせいしょくどうはれつ)

  • 肛門がん

  • 側頭動脈炎(そくとうどうみゃくえん)

  • 副鼻腔炎(ふくびくうえん)