1. TOP
  2. リウマチ熱(りうまちねつ)

リウマチ熱(りうまちねつ)

治療 病名 症状
この記事は約 2 分で読めます。
リウマチ熱

【どんな病気?】

リウマチ熱とは、A群β溶連菌の感染で、咽頭炎、扁桃炎を引き起こした10~25日後に高熱で発症する全身性の病気のことです。

好発年齢は4~17歳で、特に学童期に多く、家族内発生が多い病気です。再発が多い病気ですが、最近は衛生環境の改善や、抗菌薬の投与により、患者数は急速に減少しています。

【体の症状は?】

症状は、下記のような、主症状と副症状に分けられます。

主症状

心炎、多関節炎、舞踏病、輪状紅斑、皮下結節

副症状

発熱、関節痛、炎症反応、PR延長

リウマチ熱の診断基準は、先行する溶連菌感染を証明し、主症状2項目以上 または、主症状1項目+副症状2項目以上と決められています。

【検査】

血液検査:

炎症反応の上昇を認めます(白血球増加、CRP上昇、血沈亢進)。

【治療・処置】

溶連菌に対する治療(抗溶連菌療法)と、炎症に対する治療(抗炎症療法)を行います。

抗溶連菌療法

抗菌薬であるペニシリンGの投与を行います。また、再発の予防のため、数年から成人までペニシリンの予防内服を行います。

抗炎症療法

アスピリンなどの消炎薬を使用します。症状によっては、ステロイドを使用することもあります。

\ SNSでシェアしよう! /

専門医が教える体の情報サイトdscopeの注目記事を受け取ろう

リウマチ熱

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

専門医が教える体の情報サイトdscopeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ナオル

ナオル

こんにちは。日本を健康にすべく健康惑星からやってきたナオルです。

僕、こう見えて医者なんです。人間の体って面白い。特に、地球上生物の栄養摂取と排泄の仕組みは興味深い(僕たちは食べませんから)。そんなわけで、専門分野は消化器、肛門疾患です。今日も日本中から集めた論文や臨床に基づいた確かな情報をお届けします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【閲覧注意】目で見る下肢静脈瘤・・・医療の進歩ってすごい!最新治療事例はこちら

  • できてしまった下肢静脈瘤、3種類の治療を徹底比較!

  • 【閲覧注意】目で見る大腸がん

  • 腎膿瘍(じんのうよう)