1. TOP
  2. 大動脈炎症候群(だだいどうみゃくえんしょうこうぐん)

大動脈炎症候群(だだいどうみゃくえんしょうこうぐん)

治療 病名 症状
この記事は約 2 分で読めます。
大動脈炎

【どんな病気?】

大動脈炎症候群では、大動脈に好発する非特異的な炎症がみられます

炎症の影響で、その動脈の狭窄や閉塞、拡張を生じます。発症する人の90%が女性で若年~中年、特に20~30歳代に多く認めます。原因は自己免疫の関与が疑われていますが、はっきりとはわかっていません。多くは予後不良です。死因には、心不全、脳梗塞、脳出血、大動脈瘤破裂などがあります。

【体の症状は?】

症状は病変の部位と程度、動脈炎が活動期か非活動期かで大きく変わってきます。

一般的には、発熱、食思不振、易疲労感、倦怠感、血管痛などを認めます。

【検査】

血液検査:

炎症反応の上昇(血沈上昇、CRP上昇、白血球上昇、血小板上昇)を認めます。

造影CT、血管造影検査:

血管の狭窄、閉塞を認めます。

【治療・処置】

活動期ではステロイドや抗凝固剤を投与します。軽症の場合は降圧剤などで様子を観察します。

\ SNSでシェアしよう! /

専門医が教える体の情報サイトdscopeの注目記事を受け取ろう

大動脈炎

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

専門医が教える体の情報サイトdscopeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ナオル

ナオル

こんにちは。日本を健康にすべく健康惑星からやってきたナオルです。

僕、こう見えて医者なんです。人間の体って面白い。特に、地球上生物の栄養摂取と排泄の仕組みは興味深い(僕たちは食べませんから)。そんなわけで、専門分野は消化器、肛門疾患です。今日も日本中から集めた論文や臨床に基づいた確かな情報をお届けします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【閲覧注意】目で見る下肢静脈瘤・・・医療の進歩ってすごい!最新治療事例はこちら

  • できてしまった下肢静脈瘤、3種類の治療を徹底比較!

  • 【閲覧注意】目で見る大腸がん

  • 腎膿瘍(じんのうよう)