1. TOP
  2. 治療
  3. 水頭症(すいとうしょう)

水頭症(すいとうしょう)

 2017/05/03 治療 病名 症状
この記事は約 2 分で読めます。
水頭症(すいとうしょう)

【どんな病気?】

脳は髄膜と言う袋で包まれています。その髄膜と脳の間には、脳脊髄液という液体が少量入っていて、脳を保護しています。この脳脊髄液の量は一定に管理され、頭蓋内の圧も一定に保たれています。水頭症は、さまざまな原因で、脳脊髄液が過量にたまり、頭蓋内の圧が高くなってしまうものです。脳脊髄液が過量にたまる原因としては、脳周囲の血管奇形などにより過量につくられてしまうこと、出血や感染などで吸収不全になってしまいことなどがあります。

【体の症状は?】

頭蓋内の圧力が亢進することにより、悪心、嘔吐、頭痛などを認めます。(頭蓋内圧亢進症状)

【検査】

頭部CT、MRI検査:

脳脊髄液が脳室内に大量にあるため、脳室の拡大を認めます。

水頭症(すいとうしょう)

【治療・処置】

水頭症の治療は、原因の治療が一番です。感染や出血が原因であれば、その治療をまず行います。脳腫瘍が原因であれば、手術で摘出することを試みます。その他、水頭症の程度に応じて、過剰に溜まった脳脊髄液を除去することを試みます。腹部と脳内とを皮下に通したカテーテルでつなぎ過剰な脳脊髄液を腹部に流すシャント術が行われます。

\ SNSでシェアしよう! /

専門医が教える体の情報サイトdscopeの注目記事を受け取ろう

水頭症(すいとうしょう)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

専門医が教える体の情報サイトdscopeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ナオル

ナオル

こんにちは。日本を健康にすべく健康惑星からやってきたナオルです。


僕、こう見えて医者なんです。人間の体って面白い。特に、地球上生物の栄養摂取と排泄の仕組みは興味深い(僕たちは食べませんから)。そんなわけで、専門分野は消化器、肛門疾患です。今日も日本中から集めた論文や臨床に基づいた確かな情報をお届けします。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 突発性食道破裂(とっぱつせいしょくどうはれつ)

  • 肛門がん

  • 側頭動脈炎(そくとうどうみゃくえん)

  • 副鼻腔炎(ふくびくうえん)