1. TOP
  2. 甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)

甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)

 2017/05/25 治療 病名 症状
この記事は約 2 分で読めます。
甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)

【どんな病気?】

甲状腺機能亢進症とは、様々な原因で甲状腺ホルモンが過剰に分泌されて全身の代謝が亢進してしまうものです。20~40歳代の女性に多く認めます。甲状腺の機能が亢進してしまう原因としては、①甲状腺刺激物質や腫瘍により甲状腺ホルモンの合成・分泌が亢進すること、②甲状腺が炎症などで破壊され過剰のホルモンが漏出してしまうこと、③甲状腺ホルモンの過剰摂取などが考えられています。このうち血液中に甲状腺に対する自己抗体を認め、びまん性甲状腺腫を伴うものをバセドウ病と言います。この自己抗体ができる原因はまだ詳細にはわかっていませんが、遺伝的素因が関係していると考えられています。

【体の症状は?】

全身の代謝が亢進するので、食欲が亢進して食べる量が増えるのにもかかわらず、体重が減少するという相反する状態になります。その他、暑がりになったり、発汗、動悸、易疲労感、振戦などを症状として認めます。バセドウ病では、びまん性甲状腺腫、眼球突出を認めます。

【検査】

血液検査:

甲状腺ホルモンの上昇、甲状腺刺激ホルモン低下を認めます。

【治療・処置】

甲状腺ホルモンの合成を抑える抗甲状腺薬を投与します。抗甲状腺薬で良くならない場合や、副作用で使用できない場合には、手術にて甲状腺を亜全摘でします。その他、放射性ヨードを投与して甲状腺を壊すアイソトープ治療をすることもあります。

\ SNSでシェアしよう! /

専門医が教える体の情報サイトdscopeの注目記事を受け取ろう

甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

専門医が教える体の情報サイトdscopeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ナオル

ナオル

こんにちは。日本を健康にすべく健康惑星からやってきたナオルです。

僕、こう見えて医者なんです。人間の体って面白い。特に、地球上生物の栄養摂取と排泄の仕組みは興味深い(僕たちは食べませんから)。そんなわけで、専門分野は消化器、肛門疾患です。今日も日本中から集めた論文や臨床に基づいた確かな情報をお届けします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 突発性食道破裂(とっぱつせいしょくどうはれつ)

  • 肛門がん

  • 側頭動脈炎(そくとうどうみゃくえん)

  • 副鼻腔炎(ふくびくうえん)