1. TOP
  2. 急性虫垂炎(きゅうせいちゅうすいえん)

急性虫垂炎(きゅうせいちゅうすいえん)

 2017/05/25 治療 病名 症状
この記事は約 2 分で読めます。
急性虫垂炎(きゅうせいちゅうすいえん)

【どんな病気?】

急性虫垂炎は俗にいう「もうちょう」です。盲腸部の先端から腸外に突き出している「虫垂(ちゅうすい)」部分が炎症を起こした病気です。この虫垂部に便などが貯留し細菌感染を起こすことにより炎症が発症します。

【体の症状は?】

初期症状として、心窩部(しんかぶ:みぞおちのこと)の痛みや臍周囲の不快感が現れます。腸管の麻痺症状により、食欲不振や嘔気を伴い、発熱は38度程度となります。痛みは次第に虫垂のある右側腹部に集中していきます。右下腹部の場所は、McBurney圧痛点、Lanz圧痛点、Kummel圧痛点と呼ばれています。

急性虫垂炎(きゅうせいちゅうすいえん)

McBurney圧痛点

右上前腸骨棘と臍を結ぶ線を3等分し、右から3分 の1の点

Lanz圧痛点

左右の上前腸骨棘を結ぶ線を3等分し、右から3分の1の ところ。

Kummel圧痛点

臍の右下1-2cmの点

 

 

この右下腹部痛は咳などの腹圧がかかる時に増強します。虫垂が破裂し、菌が腹腔内(ふっこうない:おなかの中のこと)にばらまかれると腹膜炎を併発し、歩行でさえ困難になります。腹膜炎になると、炎症が腹膜までおよぶので腹壁が硬くなる(筋性防御)他、腹部を押したときより離した時の方が痛みを強く感じるようになります。(Blumberg徴候)

急性虫垂炎(きゅうせいちゅうすいえん)

【検査】

腹部所見による右側腹部の圧痛と、血液検査(白血球などの炎症反応の上昇)超音波検査やCT検査による虫垂の炎症所見を確認します。

【治療・処置】

腹膜炎の所見がなければ、保存的に抗生剤で経過を観察します。腹膜炎が疑われる場合、保存的治療で軽快しない場合は、手術にて虫垂切除術を行ないます。

\ SNSでシェアしよう! /

専門医が教える体の情報サイトdscopeの注目記事を受け取ろう

急性虫垂炎(きゅうせいちゅうすいえん)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

専門医が教える体の情報サイトdscopeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ナオル

ナオル

こんにちは。日本を健康にすべく健康惑星からやってきたナオルです。

僕、こう見えて医者なんです。人間の体って面白い。特に、地球上生物の栄養摂取と排泄の仕組みは興味深い(僕たちは食べませんから)。そんなわけで、専門分野は消化器、肛門疾患です。今日も日本中から集めた論文や臨床に基づいた確かな情報をお届けします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 突発性食道破裂(とっぱつせいしょくどうはれつ)

  • 肛門がん

  • 側頭動脈炎(そくとうどうみゃくえん)

  • 副鼻腔炎(ふくびくうえん)