1. TOP
  2. 治療
  3. S状結腸軸捻転症

S状結腸軸捻転症

 2017/06/01 治療 病名 症状
この記事は約 2 分で読めます。
S状結腸軸捻転症

【どんな病気?】

S状結腸は腸間膜という腸を覆っている膜が長く可動性に富むため、腸間膜がよじれS状結腸の血行不全が起き複雑性(絞扼性)イレウスを来たした状態です。常習性の便秘の人、高齢者やS状結腸過長症の人に起きます。

>>複雑性(絞扼性)イレウス

【体の症状は?】

複雑性(絞扼性)イレウスに準じます。突然の腹痛、腹部膨満として発症します。

>>複雑性(絞扼性)イレウス

【検査】

腹部レントゲンを撮影します。拡張したS状結腸を見て診断がつきます。

S状結腸軸捻転症

【治療・処置】

大腸内視鏡挿入にてねじれを取り、ガスを出せば改善することがあります。

改善しない場合や腸管壊死が考えられるといった症状が重篤な場合、緊急開腹手術が必要です。

\ SNSでシェアしよう! /

専門医が教える体の情報サイトdscopeの注目記事を受け取ろう

S状結腸軸捻転症

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

専門医が教える体の情報サイトdscopeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ナオル

ナオル

こんにちは。日本を健康にすべく健康惑星からやってきたナオルです。


僕、こう見えて医者なんです。人間の体って面白い。特に、地球上生物の栄養摂取と排泄の仕組みは興味深い(僕たちは食べませんから)。そんなわけで、専門分野は消化器、肛門疾患です。今日も日本中から集めた論文や臨床に基づいた確かな情報をお届けします。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 突発性食道破裂(とっぱつせいしょくどうはれつ)

  • 肛門がん

  • 側頭動脈炎(そくとうどうみゃくえん)

  • 副鼻腔炎(ふくびくうえん)