1. TOP
  2. 感冒(かんぼう)

感冒(かんぼう)

 2017/05/03 治療 病名 症状
この記事は約 2 分で読めます。
感冒

【どんな病気?】

風邪という病名はありませんが、ウイルスが粘膜から感染して炎症を起こしている状態の総称です。年間を通してみられます。感冒とも呼びます。1週間程度で治っていきますが、重症化し、気管支炎、肺炎、といった病気に移行することがあります。

【体の症状は?】

初期症状として、悪寒、鼻やのどの違和感、だるさ、たんのからむ咳などからはじまります。経過として、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、咳、たん、発熱、下痢、腹痛、吐き気、といった症状が起こります。

【検査】

画像検査などで他の疾患を除外します。

【治療・処置】

自宅療養にて自然軽快することがほとんどです。安静、保温、うがい、手洗い、栄養補給などで様子を観察します。必要により、解熱薬などの内服により症状の緩和をはかります。

\ SNSでシェアしよう! /

専門医が教える体の情報サイトdscopeの注目記事を受け取ろう

感冒

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

専門医が教える体の情報サイトdscopeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ナオル

ナオル

こんにちは。日本を健康にすべく健康惑星からやってきたナオルです。

僕、こう見えて医者なんです。人間の体って面白い。特に、地球上生物の栄養摂取と排泄の仕組みは興味深い(僕たちは食べませんから)。そんなわけで、専門分野は消化器、肛門疾患です。今日も日本中から集めた論文や臨床に基づいた確かな情報をお届けします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 突発性食道破裂(とっぱつせいしょくどうはれつ)

  • 肛門がん

  • 側頭動脈炎(そくとうどうみゃくえん)

  • 副鼻腔炎(ふくびくうえん)